東京の美容外科で小顔を目指す!小顔になるための道しるべ

安く受けたいを叶えるには

カウンセリング

同じ都内でも費用に差がある?

美容整形は自由診療であり、実費負担で受けることになります。美容整形においては保険診療が適用されず、高額な美容整形料金を必要とします。さらに同じ東京内であっても美容整形外科の施術費用は大きく異なります。例えば東京の中でも一番安い費用を設定しているところと、一番高い費用を設定しているとこを比べるとその差は倍以上も異なります。施術内容によっては3倍もの差があるほどです。こうした施術の費用差はなぜ出てくるのでしょうか。

保険診療との違い

美容整形においては自由診療で、料金の設定は美容整形外科ごとに任されています。そのため、同じ東京内の美容整形外科であってもサービス内容や料金が全然違うのです。保険診療の場合は、さらに健康保険や国保から差し引かれますが、自由診療では保険を受けられないので手もとから支払することになります。より金額の差や、金額が大きいと感じるのはこの点でも影響していると考えられます。ではなぜ、美容整形に保険診療が適用されないのかについても詳しくご紹介します。

美容整形はなぜ保険が適用できない?

美容整形の目的は、怪我の治療や病気の治療ではありません。先天性の病、運動機能や体の働きにおいて正常な働きができないこと、事故や病気などでの異常や障害、機能の喪失ではないため、保険が適用されません。逆説的にはそれに当てはまるものは、保険適用が可能なので、事故や病気での鼻の欠損や鼻骨、機能異常があれば整形外科や形成外科などが保険適用で利用できます。皮膚がんになり得る悪性のほくろや痛みを伴うほくろやいぼであれば、生活を送る上で健康が損なわれる障害として認められるので医療保険で相談することが可能です。ただし、機能的な問題なので、精神的に「鼻や目がコンプレックスで、精神的にふさぎ込んで生活できない」といったケースなどの場合については美容整形の保険適用が難しいでしょう。

美容整形の施術を安く受けるには

安さにつられると後で後悔するケースが多いのですが、出来ることなら安く受けたいと考えてしまうのは仕方がないことですね。美容整形を安く受けるポイントはモニター制度の利用です。写真の提供、動画やCMへの出演など条件がありますが、きちんとした美容整形外科の医師が行なう施術を格安で受けられます。東京の美容外科によっては30%~80%オフになるところもあるので、モニター募集がないかを確認してみるのがオススメです。モニターの募集要項を確認して考えてみましょう。

Back to Top